> > 豊田通商、英国で水素を活用した港湾の脱炭素化PJ 25年までに商用化へ

豊田通商、英国で水素を活用した港湾の脱炭素化PJ 25年までに商用化へ

英国 最大の貨物量を扱うイミンガム港(出所:豊田通商)

豊田通商のグループ会社・豊田通商U.K(英国)は9月から、欧州ガス・電力事業最大手のユニパー社(ドイツ)、エネルギー事業大手のシーメンス・エナジー社(ドイツ)、港湾の管理・運営などを手掛けるABP社(英国)と共同で、英国イミンガム港において、水素を活用した脱炭素化プロジェクトを開始した。

2022年3月まで実現可能性の調査を実施。2022年以降に資金の確保を含めた事業化の検討を行い、2025年までにイミンガム港で使用するグリーン水素20MWの製造を含む商用化を目指す。

同プロジェクトの名称は「プロジェクトメイフラワー」。英国政府の補助金事業「Clean Maritime Demonstration Competition」に採択された。水素を活用した港湾での脱炭素モデル構築に向け、英国最大の貨物量を扱うイミンガム港で、水素の製造・供給・利用における技術的と、経済的な実現可能性を検証し、将来の事業化に向けた計画の策定を目指す。具体的には、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 45 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.