大東建託、本社ビルに再エネ電力導入 テナント企業の脱炭素にも貢献

  • 印刷
  • 共有
(出所:大東建託)
(出所:大東建託)

大東建託(東京都港区)は11月1日から、同社グループの本社ビル「品川イーストワンタワー」で使用する電力を再生可能エネルギーに切り替える。導入する再エネは、間伐材などの森林未利用材や製材端材、建設廃材を燃料とする国産木質バイオマス発電によるもの。ミツウロコグリーンエネルギー(東京都中央区)の100%子会社・ミツウロコ岩国発電所(山口県岩国市)から供給を受ける。

この取り組みにより、電力利用に由来する年間CO2排出量は同社グループで約1,600トン、入居テナント企業で約5,400トン削減できる見込み。自社に加え、入居テナント企業の事業活動における脱炭素化にも寄与する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報