JERA、石炭火力発電所でアンモニア混焼試験 大規模混焼へ向けバーナ開発

  • 印刷
  • 共有
脱硝アンモニアタンク(出所:JERA)
脱硝アンモニアタンク(出所:JERA)

JERA(東京都中央区)とIHI(東京都江東区)は10月6日、JERAの碧南火力発電所(愛知県碧南市)5号機で、アンモニアを燃料として小規模に利用する試験を開始した。今回の試験は、大型の商用石炭火力発電機でアンモニアを大規模に利用する実証事業において、混焼に用いる実証用バーナの開発を目的に実施する。

この実証事業は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業の採択を受けて実施しているもの。事業期間は、2021年6月から2025年3月の約4年間。2024年度に碧南火力発電所4号機(発電出力100万kW)において、アンモニアの20%混焼を目指している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報