COP26に向けた閣僚級準備会合、1.5度目標・パリ協定第6条など議論

  • 印刷
  • 共有

国連気候変動枠組条約第26回締約国会議閣僚級準備会合(プレCOP)が、9月30日~10月2日、イタリア・ミラノにて開催され、約50か国・地域が参加した。環境省は10月8日、その結果をとりまとめ、報告した。

プレCOPでは、「1.5度目標」「適応・損失・損害」「パリ協定第6条」「先進国による途上国への気候変動対策に関する資金支援」「国が決定する貢献(NDC/温室効果ガス削減目標)の共通時間軸」の5つのテーマに沿って各国・地域代表による全体会合と分科会形式で議論が非公開で行われた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報