> > 東大と三井不動産、EVへ走行中給電の実証実験 早期実用化目指す

東大と三井不動産、EVへ走行中給電の実証実験 早期実用化目指す

走行中ワイヤレス給電の実証実験の様子(出所:三井不動産)

三井不動産(東京都中央区)は10月8日、東京大学大学院新領域創成科学研究科 藤本・清水研究室(千葉県柏市)と電気自動車(EV)への走行中ワイヤレス給電の実用化に向けたプロジェクトを開始し、同社の屋外ロボット開発検証拠点「KOIL MOBILITY FIELD」で走行中給電の実証実験に成功したと発表した。走行中ワイヤレス給電の実証実験は、民間開発フィールドでは初の取り組みだという。

KOIL MOBILITY FIELDは、三井不動産が6月15日にオープンした首都圏最大級の屋外ロボット開発検証拠点。公・民・学の連携で街づくりを推進している柏の葉スマートシティ「イノベーションキャンパス地区」内の135街区に位置し、開発検証や実証実験を迅速に行うことが可能。東京大学は三井不動産と連携し、同フィールドを活用して走行中給電の早期実用化を目指す。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 61 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.