> > 経団連、政府の次期エネ基本計画案に意見提出 原発稼働期間の延長など

経団連、政府の次期エネ基本計画案に意見提出 原発稼働期間の延長など

画像はイメージです

日本経済団体連合会は10月4日、政府が示した「第6次エネルギー基本計画案」へのパブリックコメントに、再生可能エネルギーについて、『S+3Eを大前提に、主力電源化に向け最大限の導入に取り組むことを明記すべき』とし、原発のリプレースや新増設、稼働期間の延長、水素・アンモニアなど脱炭素燃料の利用拡大などを求める意見を出した。

経団連は、意見書の中で、政府が示した次期エネルギー基本計画案に対して、S+3Eを大前提として位置づけ、あらゆる選択肢を追求することが記載されたことを評価した一方、エネルギーコストの上昇やエネルギーの安定供給上の課題に対する具体的な対応についての記述が乏しいなど、基本的な考え方が必ずしも徹底されていない点があると指摘した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 58 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.