> > 出光、太陽電池パネルの生産から撤退 ソーラーフロンティアの事業構造を転換

出光、太陽電池パネルの生産から撤退 ソーラーフロンティアの事業構造を転換

国富工場(出所:ソーラーフロンティア)

出光興産(東京都千代田区)は10月12日、子会社のソーラーフロンティア(同)が太陽電池パネルの生産から撤退すると発表した。汎用型CIS薄膜太陽電池の自社生産体制から結晶シリコン系太陽電池のOEM調達へと移行する。太陽電池を製造する国富工場(宮崎県国富町)での生産は2022年6月末を目途に終了する。

価格の安い中国メーカーの太陽電池パネルの台頭により、汎用太陽電池パネルは熾烈な価格競争に陥っている。その太陽電池パネルの研究・製造に投入している経営資源を、独自性が発揮できる成長分野にシフトしていく。具体的には、太陽光発電の主力電源化に向けた課題を解決するEPC(設計・施工・調達)、O&M(オペレーション&メンテナンス)、太陽電池パネルリサイクル事業、エネルギーマネジメントシステム事業などに注力し、次世代型システムインテグレーターへの転換を図る事業構造改革を推進していく。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 83 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.