JR貨物、ユーグレナのバイオディーゼル燃料導入 使用拡大も検討

  • 印刷
  • 共有
(出所:ユーグレナ)
(出所:ユーグレナ)

日本貨物鉄道(東京都渋谷区/JR貨物)は10月から、JR貨物 越谷貨物ターミナル駅(埼玉県越谷市)において、駅構内のコンテナ移送トラックの燃料にユーグレナ(東京都港区)が製造・販売する次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」の使用を開始した。

調達量は年間2,388リットル。今後は、トラックだけでなくフォークリフトや機関車への使用拡大や、他の貨物駅での使用を検討するという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報