Looop、蓄電池導入でも光熱費1割減 住宅向け屋根置き太陽光新サービス

  • 印刷
  • 共有
太陽光発電システム「Looop Solar」に加え、新型蓄電池「エネブロック」を導入(出所:Looop)
太陽光発電システム「Looop Solar」に加え、新型蓄電池「エネブロック」を導入(出所:Looop)

Looop(東京都台東区)は10月14日より、住宅向け屋根置き太陽光発電システムの新リースサービス「とくするソーラー 蓄電池付きプラン」の販売を開始した。同サービスは太陽光パネルと蓄電池をともに導入しても、住まい全体の光熱費を約10%以上削減することができるのが特長だという。

同サービスの具体的なメリットは、次の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報