> > アスエネのGHG排出量管理サービスがNEDOに採択 最大7千万円助成

アスエネのGHG排出量管理サービスがNEDOに採択 最大7千万円助成

(出所:アスエネ)

アスエネ(東京都港区)は10月14日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する2021年度の「研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援(STS)」において、同社の温室効果ガス排出量管理クラウドサービス「アスゼロ」が採択されたと発表した。なお開発金として、最大で約7000万円が助成される。

「アスゼロ」は、脱炭素に取り組みたい企業・自治体を対象にしたクラウドサービスで、温室効果ガス排出量/カーボンフットプリントの算定・報告・削減・オフセットなどを一気通貫で支援。最先端テクノロジーの活用による自動化を通して、人的工数や手間を大幅に削減でき、安価で簡単に温室効果ガス排出量算出が可能となる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 40 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.