> > 日本通運、各種輸送モードのCO2排出量を算出・比較できる新サービスを開始

日本通運、各種輸送モードのCO2排出量を算出・比較できる新サービスを開始

(出所:日本通運)

日本通運(東京都港区)は10月14日、CO2排出量や運賃、リードタイムなど様々な視点で、国内の最適輸送モードを一括検索できる「ワンストップ・ナビ」のサービスを開始した。同社によると、業界で初めて、各種輸送モードのCO2排出量を横断的に比較・算出できるという。

このサービスでは、輸送毎に異なる集配距離を地図データと連携して距離を計算してCO2排出量を算出し、顧客のCO2削減にむけた取り組みをサポートする。この仕組みは物流業界で初めて第三者機関のSGSジャパン(神奈川県横浜市)による検証を受けており、算出されたCO2排出量データは行政などへの公的な手続きに利用できる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 69 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.