三井物産、飯野海運とアンモニア運搬船の定期用船契約を締結

  • 印刷
  • 共有
(出所:三井物産)
(出所:三井物産)

三井物産(東京千代田区)は10月14日、飯野海運(同)との間で、飯野海運が建造する23,000m3型アンモニア運搬船の定期用船契約を締結したと発表した。2023年12月竣工、同月運航開始予定。

同船は、日本を含むアジアの既存顧客へのアンモニアの安定供給に使用する予定で、将来的には日本向けクリーン燃料アンモニアの運搬への活用も検討しているという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報