住友重機、大王製紙に製紙排水を利用したバイオマス燃料製造システムを納入

  • 印刷
  • 共有
システム導入イメージ(出所:住友重機械工業)
システム導入イメージ(出所:住友重機械工業)

住友重機械エンバイロメント(東京都品川区)は10月15日、大手総合製紙メーカーの大王製紙(愛媛県四国中央市)に、バイオマス燃料製造システムを納入したと発表した。

2021年1月よりすでに稼働を開始している同システムは、大王製紙三島工場のクラフトパルプ製造工程で発生する排水を嫌気性処理システムにより浄化するもので、処理の過程で発生するバイオガス(メタンガス)を重油代替燃料(約5,000KL/年相当)として石灰焼成キルンで使用することで、CO2排出量の削減(15,000t-CO2/年)する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報