IEA、投資拡大を提言 「再エネ投資2030年までに現状の3倍に」

  • 印刷
  • 共有
(出所:IEA)
(出所:IEA)

国際エネルギー機関(IEA)は10月13日、国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)を前に「世界エネルギー見通し」を発表し、2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにするには、『2030年までにクリーンエネルギー事業やインフラ向けの投資を現状の3倍に増やす必要がある』との見解を示した。

同報告書では、複数のシナリオを検討し、今後30年間に世界のエネルギー部門がどのように発展していくのか、またその影響はどのようなものになるのかを分析している。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報