伊藤忠、再エネを束ねて需給管理に活用 アグリゲーションビジネスの実証開始

  • 印刷
  • 共有
クリックで拡大します
アグリゲーションビジネスの協業体制イメージ
クリックで拡大します アグリゲーションビジネスの協業体制イメージ

伊藤忠商事(東京都港区)と伊藤忠テクノソリューションズ(同)は10月15日、太陽光発電や風力発電などの変動性の高い再生可能エネルギーを束ねて、需要家と小売電気事業者に電力を提供するアグリゲーションビジネスの事業化に向けた実証を開始したと発表した。

電力市場と連動した買取制度であるFIP(Feed-in Premium)導入等を見据え、伊藤忠商事が保有する電力の需給管理に関する知見と、伊藤忠テクノソリューションズが保有する発電量予測・最適化・ICT技術などのデジタル技術の知見を組み合わせたアグリゲーションビジネスで協業する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報