> > 経産省、再エネ大量導入小委の第4次中間整理案 FIP開始へ関係省令整備を

経産省、再エネ大量導入小委の第4次中間整理案 FIP開始へ関係省令整備を

クリックで拡大します
今後の再エネ電源政策の検討の視点(例)(出所:資源エネルギー庁)

経済産業省は10月20日、再生可能エネルギー政策の各論・個別施策などについてこれまでの成果や足元の課題に対するアクションプランをまとめた「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会 中間整理(第4次)」案を公表した。

再生可能エネルギー政策の基本的方針は、既に第6次エネルギー基本計画(案)において記載されている。今回の中間整理案はその各論・個別施策について、(1)第6次エネルギー基本計画(案)における再エネ政策の方向性、(2)競争力ある再エネ産業への進化、(3)再エネと共生する地域社会の構築、(4)再エネを支えるNW等の社会インフラの整備の4章にわたってまとめたもの。

アクションプランでは、第6次エネルギー基本計画案で掲げた「2030年再エネ36~38%」という野心的な目標達成に向けて関係省庁の施策について定期的なフォローアップを行うなどPDCAサイクルを回すこと、2022年度4月1日のFIP制度開始に向け速やかに関係省令等整備を進めることなどが示された。

再エネ電源は支援区分が多様化へ

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 92 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.