> > 「冬の電力、需給厳しい」エネルギー業界全体で対応を 官民連絡会議

「冬の電力、需給厳しい」エネルギー業界全体で対応を 官民連絡会議

クリックで拡大します
今冬の電力需給対策(出所:経済産業省)

経済産業省は10月21日、今冬の電力・ガスの安定供給確保に向けて、電力・ガスの団体・事業者、LNG調達を担う資源開発事業者・商社との官民連絡会議を開催した。2020年度冬季に厳しい寒さやLNGの在庫量低下などにより電力需給がひっ迫し、国内の卸電力市場価格が高騰したことを踏まえたもの。

2021年度冬季の電力需給については、最低限必要な予備率3%を確保できているものの、過去10年間で最も厳しい見通しとなっている。大手電力各社の直近のLNG在庫は高い水準にあり、今後も各事業者が計画通り燃料調達ができれば、仮に今冬が例年以上に厳しい寒さとなった場合でも、前年のような需給ひっ迫は回避することができる見込みだ。一方で、見込み以上の需要の急拡大や大規模な電源トラブルがあった場合には、現時点での想定以上に需給が厳しくなる可能性がある。

会議では、この冬の電力・ガスの需給見通しや、燃料を取り巻く国際情勢等について情報を共有し、各社において引き続き、計画的で着実なLNGの調達を行うとともに、仮に電力需給がひっ迫した際には、業界の垣根を越えてエネルギー業界全体で対応することを確認した。

今冬の電力需給見通し:kW予備率

クリックで拡大します
今冬の電力需給見通し:kW予備率

東京エリアでは1、2月に予備率3%をギリギリ確保

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.