出光、バイオマス燃料「ブラックペレット」製造施設建設 年産12万t

  • 印刷
  • 共有

出光興産(東京都千代田区)は10月21日、石炭の代替となるカーボンニュートラル燃料として、木質ペレットを半炭化したバイオマス燃料「ブラックペレット」を生産する大型商業プラントをベトナム ビンディン省に建設すると発表した。生産能力は年産12万トン、2022年上期に稼働を開始する予定。

新プラントの建設にあたり、出光興産はベトナムの既存木質ペレットの製造会社へ出資し、新会社を設立した。既存の木質ペレット製造工場の敷地内に新プラントを建設し、原料は主にアカシアの端材や製材残渣を使用する。同社は新会社を通じて原料調達から生産、販売、輸送まで一貫したサプライチェーンを構築し、エネルギー会社としてサステナビリティの確保されたカーボンニュートラル燃料の安定供給を実現する。新会社名は「Idemitsu Green Energy Vietnam」で出光興産の持分は90%。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報