カインズ、「『まち』ごとカーボンゼロ」達成へ 2050年排出削減目標策定

  • 印刷
  • 共有
自家消費型太陽光発電設備を設置したカインズ朝霞店(出所:カインズ)
自家消費型太陽光発電設備を設置したカインズ朝霞店(出所:カインズ)

カインズ(埼玉県本庄市)は10月25日、2025年までに自社店舗・オフィス・倉庫など建屋のカーボンゼロ(CO2排出量実質ゼロ)を達成した上で、2050年までにカインズのサプライチェーン全体のカーボンゼロを達成するとともに、カインズのある「まち」のカーボンゼロ達成にも貢献していくことを目指すと発表した。

同社はこれまでも、店舗における照明のLED化などの省エネや廃棄物削減・リサイクルなどを促進してきた。最近では店舗やオフィスへの太陽光パネル設置や電気自動車(EV)の導入など、様々なCO2排出量削減の取り組みを進めている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報