再エネ・ワイヤレスでスマホを充電 埼玉で屋外充電スポットの実証実験 

  • 印刷
  • 共有
設置イメージ(出所:ベルニクス)
設置イメージ(出所:ベルニクス)

ベルニクス(埼玉県さいたま市)は10月25日、ベルデザイン(同)、風憩セコロ(同・行田市)と共同で、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)・埼玉県の協力のもと、再生可能エネルギー・ワイヤレス給電技術を活用した屋外充電スポットの社会実装に向けた実証実験を実施すると発表した。期間は2021年11月1日〜2022年2月28日まで。

同実証実験は、脱炭素都市への新たな提案を行うためのもの。具体的には、屋外充電スポットを、JR「さいたま新都心」駅周辺の3箇所に設置し、太陽光パネル(90W)にて発電、円卓6名掛けベンチのテーブルに蓄電池(35Ah)を内蔵、ワイヤレス給電にて機器への給電・充電を行う。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報