> > 省エネ法ベンチマーク制度、3業種への拡大を検討

省エネ法ベンチマーク制度、3業種への拡大を検討

クリックで拡大します
(出所:経済産業省・資源エネルギー庁)

資源エネルギー庁は10月21日、省エネ法のベンチマーク制度について、ソーダ工業に関するベンチマーク目標値・指標を見直すとともに、今後の対象業種拡大に関する方向性を示した。

2020年度報告実績によると、ソーダ⼯業分野では、対象22事業者のうち54.5%がベンチマーク⽬標を達成した。このため、ベンチマーク⽬標値を、本来の上位1〜2割の事業者が達成する⽔準に変更する。具体的には、現⾏の3.22GJ(ギガジュール)/tから3.00GJ/t以下にすることが示された。

なお、

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 76 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.