> > 日本、ASEAN地域での気候変動協力を強化 JCM活用し脱炭素化を支援

日本、ASEAN地域での気候変動協力を強化 JCM活用し脱炭素化を支援

環境省は10月27日、日ASEAN首脳会議における環境分野の成果として、気候変動対策の議論の中で、脱炭素移行に向けた協力の強化を図る「日ASEAN気候変動アクション・アジェンダ2.0」を発表し各国の歓迎を受けたと報告した。日ASEAN首脳会議は同日オンラインにて開催された。

日本とASEAN諸国(東南アジア諸国連合)は、2018年に日ASEAN首脳会議にて提唱された「日ASEAN気候変動アクション・アジェンダ」に基づき、ASEAN地域における気候変動協力を進めてきた。今回、これを拡大したアクション・アジェンダは、ASEANの脱炭素社会への移行に向けて気候変動の主要なプログラムとして、ASEANとの気候変動地域協力を強化するもの。「透明性」・「緩和」・「適応」の3本の柱は維持した上で、日本政府全体のアクションとして、特に脱炭素社会への移行に向けた取組を大幅に拡充するとともに取組強度を強化した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 80 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.