> > 21年度冬季の需給見通し「10年間で最も厳しい、無理ない範囲で省エネを」

21年度冬季の需給見通し「10年間で最も厳しい、無理ない範囲で省エネを」

経済産業省は10月27日、26日に開催された第40回総合資源エネルギー調査会電力・ガス事業分科会電力・ガス基本政策小委員会で2021年度冬季の需給見通し・対策を取りまとめた。今冬は全国7エリアで安定供給に最低限必要な予備率3%を確保できているものの、過去10年間で最も厳しい見通しとなっているとして、無理のない範囲での効率的な電力の使用(省エネ)を呼びかけた。

東京エリアは1月に3.2%、2月に3.1%と「3%ギリギリとなっている」(同省)ほか、2月は中西日本6エリアで3.9%となるなど、極めて厳しい見通しとなった。気象庁が10月25日発表した3ヵ月予報では、西日本を中心に冬型の気圧配置がやや強く、西日本と沖縄・奄美の向こう3ヵ月の気温は平年並か低い予報。北日本と東日本においては平年並みの予報となっている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.