> > P&G、2040年までにGHG排出量実質ゼロ 生態系保護プロジェクト活用

P&G、2040年までにGHG排出量実質ゼロ 生態系保護プロジェクト活用

P&Gは9月、2040年までに原材料から小売店までの事業とサプライチェーン全体でGHGの排出量をNET ZERO(ネットゼロ)にするという新たな目標を設定した。日本で事業を展開するP&Gジャパン(兵庫県神戸市)は10月25日、その取り組みについて報告した。

P&Gは、グローバル全体で、気候変動に関する行動を加速するための包括的な計画として、世界全体で2040年までにGHGの排出量をNET ZEROにするという目標に加え、この10年間で有意義な進展を図るための排出量の2030年の暫定目標を設定した。

2030年の目標では、2030年までに事業活動全体での排出量を50%削減(2010年比)、2030年までに優先カテゴリからのサプライチェーン全体での排出量を40%削減(2020年比)することを掲げている。なお、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 82 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.