> > NTT、JR新宿ミライナタワーで省エネ実証 約50%省エネと快適性を両立

NTT、JR新宿ミライナタワーで省エネ実証 約50%省エネと快適性を両立

クリックで拡大します
空調最適制御シナリオ算出技術の概要(出所:NTT)

NTT(東京都千代田区)、JR東日本(同・渋谷区)、NTTファシリティーズ(同・港区)、NTTデータ(同・江東区)の4社は11月1日、NTTが開発した「空調最適制御シナリオ算出技術」を、JR新宿ミライナタワーのオフィスロビーへ適用する共同実証を行ったと発表した。その結果、夏季においてオフィスロビーの快適性を維持しつつ、消費エネルギー量を約50%削減できることを実証した。

「空調最適制御シナリオ算出技術」は、人・モノ・環境の状態再現と未来予測により都市における新たな価値創造をめざした「街づくりDTCTM」の取り組みの一環として、NTTスマートデータサイエンスセンタで開発した技術だ。移動体を含む地理空間の位置情報基盤である 「4Dデジタル基盤®」を用いた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.