> > G20ローマ・サミット、1.5℃目標の追求をコミット 外務省が報告

G20ローマ・サミット、1.5℃目標の追求をコミット 外務省が報告

G20ローマ・サミット(出所:外務省)

イタリア・ローマで10月30日・31日に開催された主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は、気温上昇を1.5℃に抑える努力を追求することとしたパリ協定の目標を引き続きコミットすること等を盛り込んだ首脳宣言を発出して閉幕した。外務省が11月1日、このG20ローマ・サミットの概要を取りまとめ報告している。

今回のG20サミットは、11月31日にイギリス・グラスゴーで開催される国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)の成功に向けた、気候変動対策が重要なテーマのひとつとなった。首脳宣言には、「今世紀半ば頃までに温室効果ガス排出量のネットゼロまたはカーボンニュートラルを達成することの重要性を認識する」と明記した。G20メンバーが必要に応じて「国が決定する貢献(NDC)」(2030年までの温室効果ガス国別削減目標)を策定・実施・更新・強化し、今世紀半ば頃までに人為的な排出量と吸収源による除去量の均衡の達成に向けて、整合的で明確かつ予測可能な道筋を定めた長期戦略(LTS)を策定することとしている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.