> > 大崎電気ら、ビルの脱炭素化とDXを推進する新サービスの開発を開始

大崎電気ら、ビルの脱炭素化とDXを推進する新サービスの開発を開始

(出所:大崎電気工業)

大崎電気工業(東京都品川区)は11月4日、建設現場の業務効率化に取り組むスパイダープラス(同・豊島区)とともに、ビルの省エネなど脱炭素化の推進と、ビル管理現場におけるDX推進を組み合わせた新サービスの共同開発を開始すると発表した。

両社が取り組むのは、建設業界を対象にしたスマートロックを組み合わせた新サービスで、スマートロックのアクセス権付与・管理、ログについて共同のアプリ開発を行い、顧客のコスト最適化を目指す。2022年度には実証実験を行い、建設業の時間外労の上限規制が適用される2024年の法施行に先駆け、現場運用の時間最適化を実現したい考えだ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 63 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.