> > 商船三井、液化CO2輸送船のコンセプトスタディ完了 実用化へ一歩前進

商船三井、液化CO2輸送船のコンセプトスタディ完了 実用化へ一歩前進

LCO2船イメージ図(出所:商船三井)

商船三井(東京都港区)は11月4日、三菱重工グループの三菱造船(神奈川県横浜市)とともに、液化CO2輸送船(LCO2船)について、将来的なLCO2輸送需要に応える船型についての検討を重ね、最も有効で実用的と考えた複数船型のコンセプトスタディを完了させたと発表した。

両社は今回、新型輸送船について、輸送する貨物量に柔軟に対応できるよう、50,000m3前後のカーゴタンク容量を想定し、異なるタンクの圧力設定を考慮した。今後はこれらの船型をベースに、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.