> > 日立造船、北欧で乾式バイオガス発電 バス・ごみ収集車の燃料に活用

日立造船、北欧で乾式バイオガス発電 バス・ごみ収集車の燃料に活用

バイオガスプラントのイメージ図(出所:日立造船)

日立造船(大阪府大阪市)は11月8日、スウェーデン・ヨンショーピング市にて、子会社のHitachi Zosen Inova(Inova/スイス)が建設・保有・運営するバイオガスプラントの竣工式を9月14日に開催したと報告した。

このプラントでは同市の協力を得て、周辺地域から回収した生ごみなどの有機性廃棄物をメタン発酵させ、バイオガスを生成する。バイオガスは精製して純度を高めた後、圧縮されてバイオCNG(Compressed Natural Gas)として燃料充填所に送られ、市バスやごみ収集車の燃料として利用されている。発酵の過程で発生した残渣は、地元の農場や園芸企業で堆肥として利用される。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.