> > 東武、鉄道輸送のCO2排出を30年度半減へ 日光・鬼怒川は22年度ゼロに

東武、鉄道輸送のCO2排出を30年度半減へ 日光・鬼怒川は22年度ゼロに

クリックで拡大します
(出所:東武鉄道)

東武鉄道(東京都墨田区)は11月4日、2022年度内を目途に、日光・鬼怒川エリアの鉄道輸送に実質再生可能エネルギー100%由来の電力を導入し、CO2排出量実質ゼロを実現すると発表した。日光・鬼怒川エリアを走行する列車と都心から同エリアにアクセスする特急列車にかかる電力相当を実質的に再エネ由来の電力に置き換える。環境負荷ゼロの観光送客で「国際エコリゾート日光」の実現に寄与するとしている。

また、同社は同日、2030年度に鉄道輸送に関するCO2排出量を2013年度比で約50%削減し、政府が掲げる2030年度における温室効果ガス削減目標46%削減(2013年度比)を鉄道事業において達成する見込みであることを発表した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 80 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.