> > オカムラ、オフィス製品の「カーボンオフセットプログラム」開始

オカムラ、オフィス製品の「カーボンオフセットプログラム」開始

クリックで拡大します
カーボンオフセットプログラム(出所:オカムラ)

オカムラ(神奈川県横浜市)は2022年1月から、オフィス製品の原材料調達から製造・輸送・廃棄までの製品ライフサイクルを通じて、CO2の排出量を計算し、排出量と同等の排出権(クレジット)付きの製品を提供する「カーボンオフセットプログラム」を開始する。顧客は対象製品を購入することで、温室効果ガス削減活動に寄与することができる。

同プログラムは、CO2の排出量の正確な把握と削減に、国内自社工場生産であることの強みを生かしている。製造工程でのエネルギー使用量や、製品に使用する材料の種類と量を厳密に管理し、工場内の加工工程管理を実施することでCO2排出量を正確に把握しているという。また、国内の自社工場で生産するため、原材料の購入、利用者への製品納入における効率的な輸配送、工場で使用する電力に再生可能エネルギーを使用することでCO2排出量の削減に取り組む。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 50 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.