商船三井とジャパンエンジンら、舶用水素燃料エンジンの実証運航に合意

  • 印刷
  • 共有
(左)水素燃料エンジンのイメージ、(右)実証船のイメージ(出所:商船三井)
(左)水素燃料エンジンのイメージ、(右)実証船のイメージ(出所:商船三井)

商船三井(東京都港区)は11月9日、同社と商船三井ドライバルク(同)、ジャパンエンジンコーポレーション(兵庫県明石市/ジャパンエンジン)の3社が、ジャパンエンジンが開発する舶用低速2ストローク水素燃料エンジンを商船三井と商船三井ドライバルクが運航する船に搭載し、実船での実証運航に向けての協力を行うことを基本合意したと発表した。

今回の基本合意を通じ、3社は水素燃料エンジンを搭載して実船実証運航を行い、ネットゼロ・エミッション水素燃料船の市場投入と普及を推進していくという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報