経団連、20年度国内事業活動におけるCO2排出量が13年度比22.3%減

  • 印刷
  • 共有
クリックで拡大します
国内事業活動における削減実績(出所:経団連)
クリックで拡大します 国内事業活動における削減実績(出所:経団連)

日本経済団体連合会(経団連)は11月8日、2050年カーボンニュートラルに向けたビジョン(基本方針等)の策定などのアクションプランを示したカーボンニュートラル行動計画について、参加業種における2020年度の取り組み状況をまとめた報告書を公表した。

全部門(産業、エネルギー転換、業務、運輸/速報版では参加62業種中56業種の排出量を報告)の国内事業活動におけるCO2排出量は、2013年度から2020年度にかけて22.3%削減した。2020年度は、新型コロナウイルスの影響により経済活動量が大きく減少した。しかし、CO2排出総量は、2013年度から減少を続け、2019年度時点で約11%削減しており、「新型コロナウイルスの影響がなくとも、着実な成果をあげていた」と見込んでいる。2020年度目標については43業種が達成し、その内14業種は、より高い目標へと見直した上で達成した。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報