> > 北電、ニセコまちと連携協定締結 ニセコ町の脱炭素化を目指す

北電、ニセコまちと連携協定締結 ニセコ町の脱炭素化を目指す

モデル地区の完成イメージ図(出所:北海道電力)

北海道電力(札幌市)は11月11日、ニセコ町や町内の事業者などが出資するニセコまち(北海道虻田郡ニセコ町)と、「NISEKO生活・モデル地区構築事業」に関して、地域の脱炭素化推進およびニセコ町のより一層の地域活性化などを目的とした包括連携協定を締結したと発表した。

北海道電力は、今回の取り組みにおいて、スマート電化などによる住宅の省エネ化、再エネなどを活用したエネルギーマネジメントやレジリエンス強化に関する知見を活用した技術的な支援を行うほか、地域に適したEVカーシェアリングサービスをニセコまちとともに検討するという。

同協定の主な内容は、次の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 56 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.