> > 日本ガイシ、産業排ガス向けのCO2分離膜を開発 従来型の約5倍の分離精度

日本ガイシ、産業排ガス向けのCO2分離膜を開発 従来型の約5倍の分離精度

サブナノセラミック膜(出所:日本ガイシ)

日本ガイシ(愛知県名古屋市)は11月12日、産業排ガス向けの二酸化炭素(CO2)分離膜を開発したと発表した。産業排ガスを模擬した試験で従来のCO2分離用DDR型ゼオライト膜の約5倍のCO2分離精度を達成した。今後、さらなる分離性能向上の開発を進め、実証試験を経て2030年の実用化を目指す。

従来のCO2分離用DDR型ゼオライト膜は、分子の大きさの違いで分離する。CO2より大きな分子であるメタンが主成分の原油随伴ガスや天然ガスでは、容易にCO2を分離することができる一方、産業排ガスの主成分はCO2と分子の大きさが近い窒素や酸素のため、従来のDDR型ゼオライト膜では高い精度で分離することが難しいという課題があった。今回、新たに開発した産業排ガス向けのCO2分離膜は、分子の吸着性(親和性)の違いを利用してCO2を窒素や酸素から分けることで、分離精度の向上を図った。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.