> > 出光グループ初、カーボンニュートラル海上輸送を実施 CO2約1万tを相殺

出光グループ初、カーボンニュートラル海上輸送を実施 CO2約1万tを相殺

(出所:出光興産)

出光興産(東京都千代田区)は11月12日、原油の海上輸送中の燃料消費に伴うCO2排出量削減を目的に、グループ初の試みとしてカーボンクレジットを活用した日本中東間の原油海上輸送を行ったと発表した。

この取り組みは低炭素化・脱炭素化に取り組む顧客ニーズに応えるための先行事例として実施した。同社子会社の出光タンカー(東京都千代田区)が所有する大型原油タンカー(VLCC)「日章丸」(載貨重量:300,544MT)での輸送にカーボンクレジットの環境価値活用し、理論上同区間航海1回分に相当する約1万トンのCO2排出量のオフセットを実現した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 62 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.