> > 三菱鉛筆・日本郵便ら、鉛筆の資源循環モデル実証 再利用しやすい製品を開発

三菱鉛筆・日本郵便ら、鉛筆の資源循環モデル実証 再利用しやすい製品を開発

(出所:三菱鉛筆)

三菱鉛筆(東京都品川区)は11月15日、日本郵便(東京都千代田区)、サカタのタネ(神奈川県横浜市)、品川区教育委員会と4者協業で、「鉛筆の資源循環システム」の実証実験を開始することを発表した。まずは品川郵便局配達区域内の小学校・義務教育学校の11校と品川郵便局を対象に、使用済み鉛筆回収箱を設置し、回収した鉛筆を再利用する。

「鉛筆の資源循環システム」とは、木材を主材料とする鉛筆を使い終わった後に回収し、棒状肥料やバイオマス発電として再利用をするシステム。三菱鉛筆は、再生利用しやすい鉛筆として、国産ヒノキ材から「フォレストサポーター鉛筆」を開発した。通常、鉛筆は、短くなるまで使用された後は、捨てられ、ごみとして処理されるが、「フォレストサポーター鉛筆」は正しく持つことができる長さまで芯が入っており、後端に芯が入っていない。使い終わると芯が含まれておらず、また、自然由来の接着材と塗料を使っているため、使用後に棒状肥料へ再生利用が可能だという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 40 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.