> > 敷島製パンと近畿大、食品加工残さでバイオコークスを製造 実証開始

敷島製パンと近畿大、食品加工残さでバイオコークスを製造 実証開始

北海道恵庭市にある近畿大学バイオコークス研究所の製造装置(出所:近畿大学)

近畿大学(大阪府東大阪市)と敷島製パン(愛知県名古屋市)は11月16日、パン製造工程において発生する食品加工残さ(パンの耳やパンくずなど)を原料として、近畿大学が開発した次世代バイオ固形燃料「バイオコークス」を製造する実証実験を開始したと発表した。将来的には、食品加工残渣などで製造したバイオコークスを自社工場などで使用する資源循環モデルの構築を目指す。

両社は今後、約1年間の実証実験を行い、同大学においてパンの耳などの食品加工残さからバイオコークスを効率的に製造する方法を研究するほか、製造したバイオコークスを同社工場などで燃料として使用する資源循環モデル構築の実現性、ボイラー利用や鉄鋼メーカーの溶解炉への適用性、二酸化炭素削減可能量などを検証する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 45 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.