> > 東京都、住宅への太陽光発電設置・ZEV普及を加速へ 22年度予算要求

東京都、住宅への太陽光発電設置・ZEV普及を加速へ 22年度予算要求

東京都は11月26日、各局から提出された2022年度予算の要求状況を発表した。環境局の要求額は前年度比15.9%の624億円。新規事業として「災害にも強く健康にも資する断熱・太陽光住宅普及拡大事業」「都営住宅における太陽光発電設備設置事業」など、住宅への太陽光発電設備設置を促進する事業を掲げた。あわせて、ゼロエミ住宅を新築する都民に経費の一部を助成する「東京ゼロエミ住宅導入促進事業」も拡充する。

また、ZEV(ゼロエミッションビーグル)普及促進などの観点から、新たに、燃料電池フォークリフトの導入促進事業、EVバイク利活用促進事業、ZEVトラックの早期実装化事業などにも取り組む。

再エネ関連では、

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 63 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.