> > スタバ 「借りて・返して・再利用する」カップ、10店舗で実証実験

スタバ 「借りて・返して・再利用する」カップ、10店舗で実証実験

(出所:スターバックス コーヒー ジャパン)

スターバックス コーヒー ジャパン(東京都品川区)は11月18日、繰り返し使える耐久性のあるカップを「借りて・返して・再利用する」循環型プログラムの実証実験を開始すると発表した。実証実験の第1弾は東京都内・丸の内エリアのスターバックス10店舗で実施。期間は11月22日から2022年5月31日まで。

このプログラムは、スターバックスがグローバルと日本で掲げる、2030年までに廃棄物を50%削減する目標達成に向けた取り組みの一環として実施されるもので、リデュース(廃棄物削減)とリユース(再利用)を促すもので、持ち帰り(TO GO)時に、フタ付きの保温・保冷性に優れたステンレス製カップを貸し出し、使用後は店舗に返却してもらい、パートナー企業での洗浄を経て再利用を促す。なお実証実験スタート時は、顧客は無料でサービスを利用できる(期間中に変更の可能性があり)。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 71 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.