GSユアサ、EVと建物・系統間で再エネ電力を融通 公共産業用システム

  • 印刷
  • 共有
システムのイメージ(出所:GSユアサ)
システムのイメージ(出所:GSユアサ)

GSユアサ(京都府京都市)は11月17日、太陽電池と蓄電システム、電気自動車(EV)用充放電器を組み合わせ、EVと建物や電力系統間で電力を融通する公共産業用V2X(Vehicle to X)システム「EVOXシステム」を発売したと発表した。

「EVOXシステム」は自家消費型のエネルギーシステムで、平常時は再エネの自家消費や、再エネを100%使用したEVへの充電、EV充電時に生じるピークデマンドの削減など、エネルギーを有効活用することでCO2削減に貢献する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報