> > 関電・ダイヘン・大林組、EV走行中給電技術開発へ 余剰再エネを最大限活用

関電・ダイヘン・大林組、EV走行中給電技術開発へ 余剰再エネを最大限活用

クリックで拡大します
バッテリー残量状態を管理しながら給電指令による制御を行う。また、昼間に再エネ余剰が発生する場合に、余剰発電量をEV走行中給電により最大限有効活用することを目指す。(出所:関西電力)

関西電力(大阪市北区)、ダイヘン(大阪市淀川区)、大林組(東京都港区)の3社は11月19日、非接触で給電可能な電気自動車(EV)の走行中給電システムと、都市全体へのエネルギーマネジメントシステム(EMS)の技術開発プロジェクトに取り組むと発表した。

走行しながらの給電を可能とすることで、走行距離の延長と充電の利便性の向上を目指すとともに、常にEVと電力系統を接続し、昼間に余剰となる再生可能エネルギーによる電気の有効活用を目指す。なお、同プロジェクトは新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「脱炭素社会実現に向けた省エネルギー技術の研究開発・社会実装促進プログラム」の助成事業に採択された。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 66 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.