> > 豊田通商、アフリカでEVバイク販売・バッテリー交換事業 ゼンボ社に出資

豊田通商、アフリカでEVバイク販売・バッテリー交換事業 ゼンボ社に出資

(左)ゼンボ社の電動バイク、(右)太陽光パネル付きバッテリー交換ステーション

豊田通商(名古屋市中村区)は11月19日、ウガンダで電動バイクの製造・販売・電動バイク向けバッテリー交換ステーション事業を展開するゼンボ社(フランス)に出資すると発表した。豊田通商のグループ会社であるCFAO社(コートジボワール)とともに、共同で設立したモビリティ54社(フランス/豊田通商 70%、CFAO 30%)を通じて、新株予約権付転換社債の引き受けによる出資を決定した。

豊田通商グループは、温室効果ガス排出目標と関連事業強化のための投資戦略を策定し、その取り組みを加速している。今回の出資は、アフリカでのカーボンニュートラル実現に向けた活動の一環。アフリカ域内の自動車事業ネットワークを最大限に活用し、ゼンボ社の電動バイク・バッテリー交換ステーション事業を、ウガンダ以外の国・地域へ積極的に展開する予定だという。また、同社グループの電池事業や太陽光パネル事業との協業など、既存事業・パートナーとのシナジーを創出に取り組むとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.