> > 食品スーパー大手のライフ、バイオガス発電設備を新設へ 年約70万kWh

食品スーパー大手のライフ、バイオガス発電設備を新設へ 年約70万kWh

ライフ天保山バイオガス発電施設の概要(出所:ライフコーポレーション)

食品スーパー大手のライフコーポレーション(大阪府大阪市)は11月18日、大阪市で、食品廃棄物の削減と再生可能エネルギーの発電を実現するバイオガス発電設備を新設すると発表した。稼働開始は2022年3月。

この取り組みは、南港プロセスセンターから排出される野菜系残さと天保山プロセスセンターから排出される惣菜系残さを発酵しバイオガスを発生させ、燃料にして発電を行うもので、年間約4,380トンの生ごみを削減し、年間発電量は一般家庭約160世帯分の約70万kWhになる見込みだ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 54 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.