> > 三井住友銀行、GHG排出量の算定・可視化サービス開発 先行トライアル開始

三井住友銀行、GHG排出量の算定・可視化サービス開発 先行トライアル開始

三井住友銀行(東京都千代田区)は11月22日、企業向けに自社とサプライチェーンの温室効果ガス(GHG)排出量の算定と可視化を支援するクラウドサービス「Sustana(サスタナ)」を開発したと発表した。2022年度のサービス開始に向けて12月より複数企業で先行トライアルを開始する。

同社が開発を進めている「Sustana」は、企業とそのサプライチェーンのGHG排出量算定の効率化と脱炭素経営実現を支援するクラウドサービスサービス。自社内の排出量算定の業務フローを確立し、また企業内のデータを効率的に収集する機能を提供することにより、各企業、各サプライチェーン、各業界のGHG排出量の把握を支援していく。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.