> > 2テーマでJIS化進める 水素ガス中のCO自動計測器・地盤改良材で

2テーマでJIS化進める 水素ガス中のCO自動計測器・地盤改良材で

画像はイメージです

経済産業省は11月25日、燃料電池車用などの水素ガスの品質を維持するためにガス中の一酸化炭素を高精度に連続測定する「定電流電解方式」の自動計測器に関する標準化など、事業者から提案のあった2テーマについて、「新市場創造型標準化制度」を活用した標準化を進めることを決定したと発表した。

今後、国内標準(JIS)の作成に向けて、消費者も含めた利害関係者のコンセンサスを得るため、原案作成委員会を設置し、JIS原案の作成が行われる。原案作成後、JISCでの審議等所要の手続きを経て、その内容が適切であると認められれば、JISとなる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 87 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.