> > 自販機横で回収するペットボトルで「ボトルtoボトル」 三重県でモデル事業

自販機横で回収するペットボトルで「ボトルtoボトル」 三重県でモデル事業

ボトルtoボトルのイメージ(出所:三重県)

三重県は11月22日、自動販売機横の「リサイクルボックス」から回収されるペットボトルの品質の向上つなげるため、同県津市をモデル地域に、使用済みペットボトルの「ボトルtoボトル」促進モデル事業を開始した。津市内では10月に協栄J&T環境(三重県津市)が西日本最大級のペットボトルリサイクル工場の運転を開始。これを契機に県はペットボトルの「ボトルtoボトル」の取組を促進するという。

異物や汚れの少ない高品質なペットボトルを回収する目的で、11月22日から12月21日までの30日間、自動販売機横に設置されている一部のリサイクルボックスを、50カ所で新形状のオレンジ色のリサイクルボックスに変更する。新形状のボックスは下から投入する構造で、この形状の違いによる利用者の行動や分別状況の変化を調査する。回収したペットボトルは、協栄J&T環境でペットボトル原料としてリサイクルする。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 37 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.