> > 住友商事、ニュージーランドの森林資産を追加取得 保有面積5万2千haに

住友商事、ニュージーランドの森林資産を追加取得 保有面積5万2千haに

今回取得した2林区の立地(出所:住友商事)

住友商事(東京都千代田区)は11月19日、100%子会社で森林事業を行うSummit Forests New Zealand Ltd(SFN)を通じて、ニュージーランドのコロマンデル地区およびギズボーン地区に位置する合計約1万5,000ヘクタールの森林資産を追加取得したと発表した。これにより、SFNが同国で保有・経営する森林資産の規模は約5万2,000ヘクタールに拡大した。

同社は今回の取得により、樹木の伐採・林道の建設・木材の輸出の面で、既存資産とのさらなるシナジーが期待されるとしている。今後も、コストダウンや安全性の向上を目的とした伐採・植林・枝打ちなどの機械化、ドローンや加工段階の自動測量技術の導入など、DXを推進するとともに、需要増が見込まれるアジア地域を中心に、FSC認証を取得した良質な木材を供給する考えだ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 42 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.