> > 清水建設、低コスト「グリーン水素」製造実証 地熱とバイオマス活用

清水建設、低コスト「グリーン水素」製造実証 地熱とバイオマス活用

建設地の様子(出所:清水建設)

清水建設(東京都中央区)は11月30日、大分県玖珠郡九重町で、地熱とバイオマス資源を活用した、低コスト・グリーン水素製造技術を適用した実証プラントを建設すると発表した。この製造技術により、製造時のCO2排出量を市販水素の1/10以下、製造コストを太陽光などの再生可能エネルギーを活用した水電解水素の1/3以下に相当する24~38円/m3(Nm3-H2)に低減できるという。

実証プラントは「令和2年度環境省CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の対象で、清水建設が環境省から助成金を得て建設する。水素製造能力は50Nm3/h。実証プラントは2022年3月末に竣工し、3ヶ月の試験運転期間を経て7月からプラントの性能検証を実施する。具体的には多様な木質チップを利用できること、製造過程においてCO2を発生させないこと、水素製造コストを検証し、2023年3月に環境省に検証結果を報告する。

同社は2025年までに、実証事業を通じて取得するノウハウを活用し、大分県・熊本県・鹿児島県など、九州を中心に中小地熱発電所に併設する水素製造実用プラントを複数建設する計画。実用機の水素製造能力は250~1,000Nm3(22.5~90kg‐H2)/h、時間当たりの木材チップ投入量は2t/h、地熱水蒸気使用量は0.65t/hを想定する。

高温ガスを熱源に電力使用量を抑制、余剰高温排熱は売熱しコスト低減

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 56 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.