> > 川崎重工、ガスタービンDLE燃焼器に搭載する水素40%混焼技術を開発

川崎重工、ガスタービンDLE燃焼器に搭載する水素40%混焼技術を開発

(出所:川崎重工)

川崎重工(東京都港区)は12月7日、ガスタービンのDLE (Dry Low Emission)燃焼器において、水素を体積比40%までの割合で天然ガスと混焼して、安定した低NOx運用を実現できる燃焼技術を国内ガスタービンメーカーとして初めて開発したことを発表した。

DLEとは、水や蒸気の噴射に拠らず燃焼温度を低く制御することで、NOx排出量を削減する方式。同社は現在稼働中の同社製ガスタービンのDLE燃焼器にこの技術を適用し、既存設備を有効活用しながら、水素エネルギー利用によるカーボンニュートラルの実現に大きく貢献するとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.